特殊詐欺の被害状況8月末について(警視庁犯罪抑止対策本部)

【このメールは、警視庁本部からの防犯情報を選択している方に配信しています。】
東京都内における本年8月末の特殊詐欺の被害件数は2,117件、被害総額約48億6,000万円で、昨年同期と比べ、936件(79.3%)増加し、被害額は約11億6,000万円(31.4%)増加しています。
なお、8月末の被害件数2,117件は、平成28年1〜12月の被害件数2,032件を既に超えています。
【犯人の電話に出ないことが被害防止につながります】
オレオレ詐欺をはじめとする特殊詐欺は、犯人が電話を使用してだます手口がほとんどです。被害に遭わないためには、犯人からの電話に出ないことが重要です。
ご自宅の電話を常に「留守番電話」に設定しておき、電話がかかってきても電話には出ず、相手が電話を切ったあと、録音されたメッセージを聞いて、必要があれば折返し電話をかけるようにしてください。そうすることにより、犯人からの電話に出ることがなくなり、被害を防止することができます。御家族で話をしてみてください。
手口別の被害状況ついては、下記警視庁ホームページを参照してください。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/tokushu/furikome/furikome.html
【問合せ先】警視庁犯罪抑止対策本部 電話03-3581-4321(内線703-39212)

シェア:Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone