デパート店員・警察官・金融庁を名乗ったオレオレ詐欺入電中!

本日の昼12時ころ、目白台2丁目の高齢の女性宅に、新宿高島屋の店員を名乗る男から
■あなたの名義のカードで買い物をしている女性がいます。このカードは偽造カードなので、手続きは止められますが、これから警察から連絡がいきます。
■その後、駒込警察の小林を名乗る男から、カードを全部止めた方がいいので、手続きについて金融庁の職員から連絡がある。
■さらに、金融庁を名乗る男から、いま一人ですか、口座から不正に現金が引き出されているかも知れないので、全部の口座の残金を教えてください。カードは一括して止められることができます。と、ウソの電話が入りました。
電話を受けた女性は、詐欺の電話と気づき被害に遭うことはありませんでした。
犯人たちは、巧みな話術でキャッシュカードやクレジットカードを預かる「カード預かり詐欺」を狙っています。
【防犯対策】
●自宅の電話は、常に留守番電話に設定し、犯人からの電話に出ないようにしましょう。
●知らない相手に、あなたの個人情報は一切話答えないでください。
●電話でお金に関する話が出たら、それは詐欺です。すぐ警察に電話しましょう。
●大塚警察署・文京区役所では、詐欺の電話に効果の高い「自動通話録音機」を貸し出し中です。
【問合せ先】大塚警察署 03-3941-0110(内線2612)