携帯電話に直接架かってくる警察官を名乗る男からの詐欺予兆電話

【このメールは、玉川警察署からの情報ですが、メールの内容に関係する警察署を選択している方にも配信しています。】

 本日、警視庁の捜査二課の警察官を名乗る男から、携帯電話に直接、詐欺の予兆電話が架かってくる事案が多発しています。
 警察官を名乗る詐欺犯人は、
  「詐欺の犯人を捕まえました。」
  「捕まえた詐欺犯人の所持品からあなたの個人情報を悪用して作った不正カードが見つかりました。」
  「個人情報が洩れているので、カードの再発行をお勧めします。」
 と不安を煽る話を向けた後、
  「後ほど、金融機関の者から電話をさせますので。」
 と言って電話を切ります。

 以降、金融機関を名乗る者は、電話で
  「カードを再発行しますので、古いカードを受け取りに自宅にお伺いします。」
  「古いカードを止める手続きに、今までお使いの暗証番号が必要です。」
 と情報を聞き出し、自宅に来た際に、偽物の名刺や身分証を提示し、カードを持ち去り、付近のコンビニや駅の無人ATM等でお金を引き出してしまいます。

 警察官を名乗る者から不審な電話が架かってきたら、相手の身分を確認するためにも、まず110番通報をお願いします。
 【問合せ先】 警視庁玉川警察署 03‐3705‐0110(内線2162)
【問合せ先】玉川警察署 03-3705-0110 (内線2162)