法務省からのハガキに注意。 〜差出人は詐欺犯人〜

法務省を騙る、詐欺のハガキが全国的に広まっています。
消費料金に関する訴訟最終告知と題したハガキが届き、ハガキに記載されている電話番号に電話をすると「裁判を起こす。」や「不動産や給料を差し押さえる。」という言葉で脅し、偽物の弁護士等を紹介され、お金を騙し取られます。
ハガキに記載されている電話や住所は架空の連絡先で、電話をすると詐欺グループにつながります。
身に覚えのない方は電話をせず、法務省または最寄りの警察署・交番に相談してください。

【問合せ先】東大和警察署 042-566-0110 (内線2162)