タグ別アーカイブ: 契約

法務省・裁判所を装う架空請求ハガキに関する注意喚起について

【このメールは、本所警察署からの情報ですが、メールの内容に関係する警察署を選択している方にも配信しています。】

●最近、「法務省管轄支局」「地方裁判所管理局」「民事訴訟管理センター」などを装い、
 ・あなたの契約不履行に関する訴訟が開始される。
 ・連絡がない場合、あなたの財産を差し押さえる。
などと記載されたハガキ(封書)が送り付けられる事案が相次いでいます。
●これらの文書は相手にせず、記載された連絡先には決して電話しないでください!
 もし記載された連絡先に電話してしまうと、弁護士や債権回収業者を装う者から
 ・「収納代行(番号)」を利用し、コンビニで現金を支払え
 ・現金を宅配便で送れ
と要求されてしまいます。
●裁判所からの重要なお知らせは、「特別送達」により、郵便局職員から直接手渡されるのが原則です。
 ハガキや封書のように、ポストに投函されることはありません!

【問合せ先】本所警察署 03-5637-0110 (内線2612)

特殊詐欺の発生について

墨田区内において、電話による特殊詐欺の被害が相次いでいます。

(手口その1〜区役所・銀行職員を装い、キャッシュカードをだまし取る)
・区役所、銀行職員を装う者が電話で「還付金があります、お使いの銀行の口座番号と暗証番号を教えてください」と聞き、答えると「あなたのカードは古いので、新しいカードと交換します。」と言う。
・間もなく、銀行職員を装う者が被害者宅に現れ、キャッシュカードを受け取る(だまし取る)。

(手口その2〜息子などの身内を装い、現金をだまし取る)
・息子を装い電話をかけ、「契約書類を誤った先に送付してしまった。今日中にお金を工面しなければならない」等とウソを言う。
・息子の知人を装う者が被害者宅を訪れ、現金を受け取る(だまし取る)。

●銀行職員・警察官が個人宅を訪ね、キャッシュカードを預かることは絶対にありません!このような電話があれば詐欺を疑い、警察に連絡をお願いします。
●自宅に居る時でも留守番電話を作動させ、知らない電話に直接出ないようにしましょう。
【問合せ先】本所警察署 03-5637-0110 (内線2612)

田無署管内の特殊詐欺情報について

このメールを受信した方は被害にあう可能性の高い親世代や友人、近隣の高齢者の方などにメールの転送や手口を広めて頂くようお願いします。
 ■法務省管轄支局等からのはがき
  『消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ』というはがきを送り付け
   ・契約不履行による民事訴訟として、あなたに訴状が提出されました。
   ・連絡なき場合は、差し押さえを強制的に執行します。
   ・訴状取り下げのご相談は下記連絡先までお問い合わせください。
 と不安を煽り電話をかけさせようとします。
  電話をしてしまった方に対し、犯人は弁護士を騙り、
   ・お金を用意すれば訴訟を取り下げることができる。
 などと言って、お金を請求しATM等で振り込ませてきます。
 ■このはがきが届いた場合の対処方法
   1、このような、はがきは詐欺。無視してください。
   2、絶対に、その電話番号へ自分から連絡しないでください。
   3、一人で判断せず、すぐに家族や周りの人へ相談するか、110番を。
   
【問合せ先】田無警察署 042-467-0110 (内線2164)

このハガキ・封書は詐欺です!

現在、東村山市内に「法務省管轄支局国民訴訟通達センター」を装って

・総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ
・契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました
・管理番号(わ)〇〇〇
・ご連絡なき場合、原告側の主張が全面的に受理され、執行官立ち合いの元、給料差し押さえ及び、動産、不動産物の差し押さえを強制的に履行させて頂きます
・取り下げ最終期日 平成30年〇月〇日

と記載されたハガキまたは封書が大量に郵送されています。
 これは、詐欺です。
 犯人は、「訴訟」「差し押さえ」という言葉で、あなたの不安を煽り、訴訟費用や和解金などと言って金銭を要求します。
 絶対に、ハガキや封書に書かれた電話番号に連絡しないでください。
 ご不明な点があれば、警察署・交番にお問い合わせください。

【問合せ先】東村山警察署 042-393-0110 (内線2163)

「訴訟最終告知」と記載された架空請求ハガキにご注意下さい

■昨日から今日にかけて、法務省管轄支局を名乗る者から架空請求のハガキが数多く届いています。

■ハガキの内容
 「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」
 「契約不履行による民事訴訟」
 等と記載されています。

■問い合わせ窓口の連絡先には絶対に電話をかけないで下さい。

★不審なハガキが届いたら、すぐ110番

【問合せ先】立川警察署 042-527-0110 (内線2162)

田無署管内の特殊詐欺情報について

このメールを受信した方は被害にあう可能性の高い親世代や友人、近隣の高齢者の方などにメールの転送や手口を広めて頂くようご協力お願いします。
 先週、管内で入電した特殊詐欺の手口を紹介します。
 ■警察官を騙る者からの詐欺電話
  警察官を騙り
   ・あなたの通帳からお金が引き出せなくなっていませんか。
   ・あなたの口座が不正に使われている。
  と電話が架かってきます。
  その後、犯人はお手持ちの銀行口座や暗証番号などを聞き出したうえ、最後はキャッシュカードや通帳を受け取りに来ます。
 
 ■法務省管轄支局等からのはがき
  『消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ』というはがきを送り付け
   ・契約不履行による民事訴訟として、あなたのに訴状が提出されました。
   ・連絡なき場合は、差し押さえを強制的に執行します。
   ・訴状取り下げのご相談は下記連絡先までお問い合わせください。
  と不安を煽り電話をかけさせようとします。
   電話をしてしまった方に対し、犯人は弁護士を騙り、
   ・お金を用意すれば訴訟を取り下げることができる。
  などと言って、お金を請求しATM等で振り込ませてきます。
【問合せ先】田無警察署 042-467-0110 (内線2164)

架空請求詐欺のハガキに注意!

五日市管内に架空請求詐欺のハガキが多数届いていますのでご注意ください。
次のようなハガキが届きましたら警察署に相談してください。

ーーー
消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ
 この度、ご通知致しましたのは、貴方の利用されていた契約会社、もしくは運営会社側から契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました事をご通知致します。
管理番号(〇)〇〇〇裁判取り下げ最終期日を経て訴訟を開始させていただきます。・・・略・・・
 尚、書面での通達となりますので、プライバシー保護の為、ご本人様からご連絡いただきます様、お願い申し上げます。
 ※取り下げ最終期日 平成30年〇月〇日
法務省管轄支局 訴訟最終告知通達センター
東京都・・・
取り下げ等のお問い合わせ窓口 〇〇ー〇〇〇〇ー〇〇〇〇
受付時間 9:00〜20:00(日、祝日を除く)

【問合せ先】五日市警察署 042-595-0110 (内線2612)

架空請求詐欺のハガキにご注意ください!!

五日市警察署管内の多くのお宅に架空請求詐欺のハガキが送られています。
ハガキに記載された電話番号に電話することなく、まずは警察にご連絡を!

以下本文

消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ

この度、ご通知致しましたのは、貴方の利用されていた契約会社、もしくは運営会社側から契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました事をご通知致します。
管理番号(●)●●●裁判取り下げ最終期日を経て訴訟を開始させていただきます。
尚、このままご連絡なき場合は、原告側の主張が全面的に受理され、執行官立合いの下、給与差し押さえ及び動産、不動産の差し押さえを強制的に執行させていただきますので・・・略・・・尚、書面での通達となりますので、プライバシー保護の為、ご本人様からご連絡いただきます様、お願い申し上げます。
 ※取り下げ最終期日 平成30年8月●●日

法務省管轄支局 訴訟最終告知通達センター
取り下げ等のお問合わせ窓口 ●●―●●●●―●●●●
受付時間 ●:●●〜●●:●●(日、祝日を除く)
【問合せ先】五日市警察署 042-595-0110 (内線2612)

オレオレ詐欺入電中(小金井警察署)

■本日、国分寺市内に、息子をかたる者からウソの電話が入っています。

■電話の内容
・トイレで鞄を失くしてしまった。
・鞄に入っていたカードは、止める手続きをした。
・カードを止めたので、仕事の契約で必要なお金がない。

■この後、犯人は、金銭を求める電話をかけてきます。

★不審な電話は、すぐ110番!

★被害防止の決定版!
『特殊詐欺根絶アクションプログラム・東京』
参加企業・団体募集中!
詳しくはパソコン、スマホで
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/tokushu/furikome/e_learning.html
にアクセス

【問合せ先】小金井警察署 042-381-0110 (内線2162)

田無署管内の特殊詐欺情報について

このメールを受信した方は、被害に遭う可能性の高い親世代や友人、近隣の高齢者の方などにメールの転送や手口を広めていただくよう御協力をお願いします。
 先週、管内で発生した特殊詐欺の手口を紹介します。
 ■市役所からの還付金名目の詐欺
  市役所職員を装う者から
   ・医療費の還付金があります
   ・書類を送ったのですが届いていませんか
 と電話が掛かってきた後に、
   ・手続きをするのでキャッシュカードを持ってATMに行ってください
 と無人ATMに誘い出します。
 また、医療費や保険料の還付手続きを、自宅にキャッシュカードを取りに来て代わりに手続きを行ったり、ATMで手続きをさせることはありません。
 ■架空請求メール
  携帯番号機にショートメールで、
   ・会員登録の未納金が発生しており、本日中に連絡なき場合、法的手続きに移行します
   ・使用履歴はないが、契約している以上、一度料金を支払い、ウェブマネーで支払ってほしい
 と言葉巧みに、お金を請求してきます。十分に注意してください。 
【問合せ先】田無警察署 042-467-0110 (内線2164)

田無署管内の特殊詐欺情報について

このメールを受信した方は被害にあう可能性が高い親世代や友人、近隣の高齢者の方などにメールの転送や手口を広めていただくよう御協力お願いします。
現在、管内で多発している特殊詐欺の手口を紹介します。
 ■法務省管轄支局等からのはがき
  『消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ』というはがきを送り付け
   ・契約不履行による民事訴訟として、あなたに訴状が提出されました。
   ・裁判取り下げ最終期日を経て訴訟を開始します。
   ・連絡なき場合は、差し押さえを強制的に執行します。
   ・訴状取り下げのご相談は下記連絡先までお問い合わせください。
 と不安を煽り電話をかけさせようとします。
  電話をしてしまった方に対し、犯人は弁護士を騙り、
   ・お金を用意すれば訴訟を取り下げることができる。
 などと言って、お金を請求しコンビニでの支払いやネットショッピング等の電子マネーを振り込ませてきます。
【問合せ先】田無警察署 042-467-0110 (内線2164)

特殊詐欺被害発生について

田無署管内で発生した特殊詐欺の手口を紹介します。
 ■架空請求メール
  携帯電話機に
   ・会員登録の未納料金が発生しています。本日中に連絡なき場合、法的手続きに移行します。
   ・電話番号〇〇〇〇 
等とショートメールが届き、犯人に電話を掛けてしまった方に対し、
   ・使用履歴はないが、契約している以上、一度料金を支払ったことにしなければならない
   ・手数料は頂くが、残りは支払い後に返すので、ウェブマネーで支払ってほしい
と言葉巧みに、お金を支払わせます。

 被害に遭わないためにも
  〇 身に覚えのないメール、電話は相手にしないこと
  〇 お金を請求されるメール、電話は詐欺ですので、すぐに警察に連絡すること
を徹底しましょう。

【問合せ先】田無警察署 042-467-0110 (内線2162)

このはがきは詐欺です!

現在、東村山市内に「法務省管轄支局訴訟最終告知通達センター」をかたって

・消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ
・契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました。
・管理番号(わ)○○〇
・連絡なき場合動産、不動産の差し押さえを強制的に執行させていただきます。
・訴訟最終期日平成30年〇月〇日

と記載されたはがきが大量に郵送されています。
 これは詐欺のはがきです。
 犯人は、「訴訟」「差し押さえ」という言葉であなたの不安を煽り、訴訟費用や和解金だ等と言って金銭を要求します。
 絶対に、はがきに書かれた電話番号に連絡しないでください。
 ご不明な点があれば、警察署・交番にお問い合わせください。
 
 
 

【問合せ先】東村山警察署 042-393-0110 (内線2163)

架空請求詐欺に注意

五日市管内に架空請求詐欺のハガキが多数届いていますのでご注意ください。
 次のようなハガキが届きましたら警察署に相談してください。

≪題名≫
  消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ
            訴訟管理番号 〇〇〇〇

≪本文≫
 この度・・・略・・・〇〇会社側から契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました事を改めてご通知いたします・・・略・・・
 尚、訴訟取り下げなどのご相談につきましては当局にて承っておりますので、下記までお問合せください。
 ・・・略・・・
 
 訴訟取り下げ最終期日 平成30年〇月〇日

 取り下げ等のお問わせ相談窓口
    03―〇〇〇〇―〇〇〇〇
 受付営業時間(日、祝日は除く)
   平日 〇:〇〇〜〇:〇〇/土曜日 〇:〇〇〜〇:〇〇

 法務省管轄支局 国民訴訟お客様管理センター
 〒〇〇〇―〇〇〇〇 東京都・・・
【問合せ先】五日市警察署 042-595-0110 (内線2612)

特殊詐欺の発生について

現在、管内で発生した特殊詐欺の手口を紹介します。
 〜法務省管轄支局等からのはがき〜
  7月17日夕方ころ、西東京市市内のお宅に、
   ・契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました。
   ・連絡なき場合、差し押さえを強制的に執行します。
 などという架空請求詐欺のはがきが届いている事案が発生しています。
  その後、電話をしてしまった方に対し、犯人は弁護士を騙り、
  ・お金を用意すれば訴状を取り下げることができる。
 などと言って、お金を請求し、コンビニでの支払いやネットショッピング等の電子マネーを振り込ませてきます。

 〜市役所職員からの架空請求詐欺〜
  本日東久留米市内のお宅で、
   ・医療費の還付があります。
   ・書類は届いていませんか?返送期限が過ぎているので電話してください。
 などと還付金詐欺の予兆電話が掛かってきています。  
【問合せ先】田無警察署 042-467-0110 (内線2162)