タグ別アーカイブ: 歩行者

牛込警察署(子ども(声かけ等))

6月27日(水)、午後2時30分ころ、新宿区神楽河岸の路上で、児童(女)が下校途中、男に声をかけられました。
■声かけ等の内容
・アニメのキャラクターを知っているか声を掛けてきたもの。
(声かけの後、一緒にいた同じ服装をした友人と思われる歩行者にやめるように注意されていたが、声かけの前に自転車に乗っていた男が一人言の様にラップを口ずさんでいて気持ち悪かった。)

■不審者の特徴
・年齢30歳くらい、黒色で胸に白い模様のTシャツ、黒色ハーフパンツ、黒色短髪

■使用車両
・黒色っぽい軽快車

【問合せ先】牛込警察署 03-3269-0110 (内線2813)

交通総務課(交通情報)

○自転車利用の皆さんへ
初夏の風が気持ちいいこの季節、自転車で出掛けたくなりますね!
ところで、自転車の正しい乗り方を知っていますか?
事故を起こさない、遭わないために、自転車安全利用五則をしっかり守りましょう。
1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
2 車道は左側を通行
3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4 安全ルールを守る〜信号を守る!交差点手前で一時停止と安全確認!
5 子供はヘルメットを着用
○特殊詐欺被害防止に関するお願い
 詐欺の防犯標語は、「たこのおすし」!!
た…たくわえを 家族で守ろう 合い言葉!
こ…こを思う 親の気持ちにつけこみます!
の…のっちゃだめ!ATMでの還付金。
お…「おれだけど…鞄なくした」それは詐欺!
す…すぐ出ない。留守番を電話聞いてから!
し…しっておこう。詐欺の手口と撃退法!
【問い合わせ先】交通総務課 03-3581-4321(代表) (内線50212)

交通総務課(交通情報)

交差点を横断中の歩行者・自転車の重大交通事故が多発しています。交差点は最も事故が多い場所です。交差点に入ろうとするときは、信号が青になっても、左右の車が止まったのを確かめて、ひと呼吸おいてから横断しましょう。また、横断中も「横断歩道だから安心」と思わずに、周囲の車の動きに注意しながら渡りましょう。
【特殊詐欺被害防止に関するお願い】
「有料動画未納料金…」「キャッシュカードが偽造されている…」「ATMに着いたらコールセンターに電話して…」は、犯人が使うだまし文句で全部詐欺!すぐに110番!!
【問い合わせ先】交通総務課 03-3581-4321(代表) (内線50212)

自転車安全利用TOKYOキャンペーンについて 福生警察署

警視庁では、5月1日(火)から5月31日(木)までの間、自転車安全利用 TOKYOキャンペーンを実施します。
 自転車の基本的なルールとして、自転車安全利用五則があります。
  1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2 車道は左側を通行
  3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4 安全ルールを守る
    安全ルールには、飲酒運転の禁止、二人乗りの禁止、並走の禁止、夜間   はライトの点灯、交差点での信号遵守、一時停止・安全確認等があります。
  5 子供はヘルメットを着用
    自転車事故で亡くなった方の多くが、頭部にケガをしています。自転車    に乗るときは、ヘルメットをかぶりましょう。

 自転車は、事故の被害者だけでなく、加害者にもなることがあります。事故を起こしたことで、重い刑事責任や多額の損害賠償責任を負うことがあります。

 交通事故は他人事ではありません。お互いの少しの注意と正しい交通マナーで防ぐことができます。この機会に、自転車利用時の交通安全意識をより一層高めていただきますようお願いします。
【問い合わせ先】福生警察署 042-551-0110 (内線4112)

交通死亡事故の発生について

◆交通死亡事故連続発生◆
都内では、重大交通事故が連続発生し、本日も、すでに3人の方が亡くなっています。
●ライダーの皆さんへ
 二輪車の重大交通事故が多発しています。特に、交通量が多くなる出勤・退勤時間帯の事故が多発しているので、ゆとりのある運転を心掛けましょう。また、万一の事故に備えて、ヘルメット・プロテクターを正しく着用しましょう。
●ドライバー・自転車利用の皆さんへ
 交差点とその付近は最も事故が多い場所です。小さな交差点を進行する際は、十分に速度を落として、周囲の安全確認を徹底しましょう。また、交差点で右左折する時は、アイコンタクトで相手の運転者や歩行者が自分の存在に気付いているか、必ず確認しましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通安全情報(交通死亡事故の発生について)福生警察署

1月19日(金)午後5時20分頃、瑞穂町内で、道路上に倒れていた男性が死亡する交通事故が発生しました。
 運転するときは、歩行者や自転車の動きに十分注意し、危険を予測した運転をしましょう。
 交差点では、周囲の安全をしっかり確認し、横断歩行者の前では必ず停車し、歩行者を先に渡らせてあげましょう。
 夜間に外出するときは、明るく目立つ服装を心掛け、反射材を活用しましょう。
 交通事故は、他人事ではありません。一人ひとりが交通ルールとマナーを守って、交通事故を防ぎましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4112)

交通死亡事故多発!!

本年に入り、交通死亡事故が急増しています。昨日現在で都内における交通事故死者数は10人で、昨年に比べて7人増加しています。
●歩行者の皆さんへ
 早朝、夜間帯の高齢歩行者の交通死亡事故が多発しています。出掛ける際は、明るく目立つ服装と反射材を身に付け、自分の存在をアピールしましょう。交通事故は他人事ではありません。自分の命を守るために、交通ルールはきちんと守りましょう。
●ドライバーの皆さんへ
 横断歩行者と衝突する事故が発生しています。一瞬の気の緩みが重大交通事故を招いてしまうことを忘れずに、今一度、気を引き締めてハンドルを握りましょう。
警視庁では、『世界一の交通安全都市TOKYOを目指して』本年も総合的な交通事故防止対策を強力に推進していきます。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故の発生について

◆交通事故に注意◆
 早朝時間帯の高齢歩行者の死亡事故が連続で発生しました。朝方でもまだ暗いうちに出かける際は、明るく目立つ服装と反射材を身につけ、自分の存在をアピールしましょう。また、横断中の重大交通事故も多発しています。「車がこないから大丈夫」「相手が止まってくれるだろう」と思い込んで、横断禁止場所を横断したり、信号無視をしていませんか?交通ルールを守ることは、自分の命を守ることになります。警視庁は、年末までの残る期間、皆さんが笑顔で新年を迎えられるよう、引き続き総合的な交通事故防止対策を強力に推進してまいります。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

ひったくりの連続発生について

11月に入り、22時から5時までの間に南池袋、要町、目白、長崎、南長崎、長崎地区において、スクーター利用のひったくり被害が、連続発生しています。
 徒歩や自転車で帰宅途中、肩に掛けたカバンや、自転車の前かごに入れたカバンを後方から近づいてきたスクーターに乗った犯人に、ひったくられています。
 1 後ろからバイクの音が聞こえたら、振り返って確認をして下さい。
 2 自転車の前かごにネットを付けましょう。
 3 歩行者はカバンを建物側に持ちましょう。
 4 夜出歩く際は、暗い道を避け明るい道を通りましょう。
お出掛けの際は十分ご注意下さい。
【問合せ先】目白警察署 03-3987-0110(内線2612)

交通死亡事故の発生について

都内では、昨日、交通事故により、1人の方が亡くなられました。事故態様は、乗用車と高齢歩行者の衝突事故でした。
 警視庁では、本年、東京都と関係行政機関等との共通標語である「交通死亡事故連続減少 チャレンジロード140 」のスローガンの下、各種交通事故防止対策を推進してまいりましたが、昨日現在で都内における交通事故死者数は141人に達したほか、平成13年以降、16年連続して減少してきた発生件数及び負傷者数も昨年同期に比べて増加しています。
 例年、これからの時期は、重大交通事故が多発する傾向にあり、特に、子供と高齢者が関係する交通事故や、飲酒事故の発生が懸念されています。
 警視庁では、引き続き、都内の交通事故を1件でも減少させるよう、各種交通事故防止対策を強力に推進してまいります。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通安全情報(交通死亡事故の発生について)福生警察署

10月7日(土)午後8時55分頃、福生市内で軽貨物自動車と歩行者が衝突し、歩行者の男性が死亡する交通事故が発生しました。
 運転するときは、歩行者や自転車の動きに十分注意し、危険を予測した運転をしましょう。また、スピードの出し過ぎは、交通事故の原因となります。こころにゆとりを持って運転しましょう。
 夜間に外出するときは、明るく目立つ服装を心掛け、反射材を活用しましょう。
 交通事故は、他人事ではありません。一人ひとりが交通ルールとマナーを守って、交通事故を防ぎましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4112)

交通安全情報(交通事故防止について) 福生警察署

都内において、交通死亡事故が連続発生しています。

 ★ドライバーの皆さんへ
   ・歩行者や自転車の動きに注意し、危険を予測した運転をしましょう。
   ・交差点を進行する際は、周囲の安全を確認してから進行しましょう。
 ★二輪車を利用する皆さんへ
   ・スピードの出し過ぎや無理なすり抜けは事故の原因となります。心にゆとりを
    もって運転しましょう。
   ・ヘルメットはあごひもをしっかり締め、プロテクターを着用して万が一に備え
    ましょう。
 ★自転車に乗る皆さんへ
   ・見通しの悪い交差点では、必ず止まって安全確認をしましょう。
   ・万が一に備え、大人も子どももヘルメットを着用しましょう。
 ★歩行者の皆さんへ
   ・交差点ではドライバーと目と目を合わせ(アイコンタクト)、意思の疎通を図
    りましょう。
   ・夜間の外出の際は、明るく目立つ格好を心がけ、反射材を活用しましょう。

交通事故は他人事ではありません。一人ひとりが交通ルールとマナーを守って、交通事故を防ぎましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4113)

交通死亡事故の発生について

8月7日現在、都内の交通事故死者数は94人で、昨年に比べ1人多くなっています。
●歩行者・自転車利用の皆さんへ
 歩行者の横断禁止場所横断や自転車利用者の信号無視を一因とする交通死亡事故が発生しています。「横断歩道まで行くのは面倒」「赤信号だけど、車がこないから渡ってしまおう」という気持ちで道路を横断したりしていませんか?「きちんと確認したつもり」「大丈夫だと思った」では事故は防げません!自分の身を守るためにも交通ルールは必ず守りましょう。
☆交通事故防止対策スローガン 「交通死亡事故連続減少 チャレンジロード140」
☆特殊詐欺被害防止スローガン 「犯人の 電話に出ないで 被害ゼロ!」
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通安全情報(交通事故防止について) 福生警察署

都内において、交通死亡事故が連続発生しています。
 交通事故の多くは交差点やその付近で発生しています。交差点を進行する際は、歩行者とドライバーが視線を合わせるアイコンタクトを行い、周囲の安全をしっかり確認してください。
 交通事故は、いつどこで起こるか分かりません。歩行者がいるかもしれない、バイクや自転車が飛び出してくるかもしれない等、危険を予測した運転をしましょう。
 また、自転車事故で亡くなった方の多くが、頭部に怪我をしています。事故による被害軽減のためにも自転車に乗る時は、子供だけでなく、大人もヘルメットをかぶりましょう。
 交通事故は他人事ではありません。通り慣れた道だからといって油断せず、安全確認を徹底しましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4113)

交通死亡事故連続発生について

◆交通死亡事故多発!!◆
 都内では、6月24日から昨日までの4日間で交通事故により7人の方が亡くなられました。また、本日も重傷事故が多発しており、すでに1人の方が亡くなられています。警視庁では交通死亡事故の多発を受け、交通死亡事故緊急対策を実施し、特に、自転車利用者に対する信号無視等の取締りや歩行者に対する指導警告を強化しています。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)