タグ別アーカイブ: 費用

カード預かり詐欺入電中(東大和警察署)

■本日、武蔵村山市内に、ヤマダ電機をかたる者からウソの電話が入っています。

■電話の内容
・エアコンを購入してますよね。
・費用は48万円です。
・用意してください。

■この後、犯人はキャッシュカードについて質問し、預かりに来て、お金を引き出します。

★不審な電話は、すぐ110番!

【問合せ先】東大和警察署 042-566-0110 (内線2162)

このハガキ・封書は詐欺です!

現在、東村山市内に「法務省管轄支局国民訴訟通達センター」を装って

・総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ
・契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました
・管理番号(わ)〇〇〇
・ご連絡なき場合、原告側の主張が全面的に受理され、執行官立ち合いの元、給料差し押さえ及び、動産、不動産物の差し押さえを強制的に履行させて頂きます
・取り下げ最終期日 平成30年〇月〇日

と記載されたハガキまたは封書が大量に郵送されています。
 これは、詐欺です。
 犯人は、「訴訟」「差し押さえ」という言葉で、あなたの不安を煽り、訴訟費用や和解金などと言って金銭を要求します。
 絶対に、ハガキや封書に書かれた電話番号に連絡しないでください。
 ご不明な点があれば、警察署・交番にお問い合わせください。

【問合せ先】東村山警察署 042-393-0110 (内線2163)

法務省を騙る詐欺のハガキにご注意ください!

最近、日野市内にて法務省を騙るハガキが届いています。
■騙る組織
 法務省管轄支局訴訟最終告知通達センター
 法務省管轄支局国民訴訟お客様管理センター
 法務省管轄支局国民訴訟通達センター
■内容
 民事訴訟を起こしており、裁判取り下げ最終期日を経て訴訟を開始する。
 このまま、連絡なき場合は、原告側の主張が全面的に認められ、財産はすべて差し押さえられる。
■電話をすると
 ハガキに記載された電話番号に連絡すると、「弁護士を紹介する。」と言われる。
 弁護士を騙る者は「訴訟取り下げ費用は10万円です。」等と言う。
■対策として
 このようなハガキが、日野市内に多数届いています。ハガキに書かれた電話番号には絶対に電話をせずに警察署へ通報してください。
【問合せ先】日野警察署 042-586-0110 (内線2162)

このはがきは詐欺です!

現在、東村山市内に「法務省管轄支局訴訟最終告知通達センター」をかたって

・消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ
・契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました。
・管理番号(わ)○○〇
・連絡なき場合動産、不動産の差し押さえを強制的に執行させていただきます。
・訴訟最終期日平成30年〇月〇日

と記載されたはがきが大量に郵送されています。
 これは詐欺のはがきです。
 犯人は、「訴訟」「差し押さえ」という言葉であなたの不安を煽り、訴訟費用や和解金だ等と言って金銭を要求します。
 絶対に、はがきに書かれた電話番号に連絡しないでください。
 ご不明な点があれば、警察署・交番にお問い合わせください。
 
 
 

【問合せ先】東村山警察署 042-393-0110 (内線2163)

消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせとの詐欺葉書に注意

【このメールは、調布警察署からの情報ですが、メールの内容に関係する警察署を選択している方にも配信しています。】

 現在、法務省管轄支局訴訟最終告知通達センターを騙る者から
  ・ 消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ
  ・ 民事訴訟として、訴状が提出された
  ・ 管理番号(わ)●●●
  ・ 連絡なき場合、給与、動産、不動産の差し押さえを強制的に執行する
  ・ 取り下げ最終期日 平成30年●月●日(直近日)
  ・ お問い合わせ窓口 ●●ー●●●●ー●●●●(相手先電話番号)
と記載された詐欺の葉書が大量に郵送されています。
 葉書の送り主は、詐欺の犯人です!
 法務省は関係ありません!
 訴訟も起こされていません!
 差し押さえもされません!
 葉書に記載されている電話番号には絶対に電話をしないで下さい!!
 犯人の目的は、あなたの不安を煽り、葉書記載の電話番号に電話させ、金銭を騙し取ることです。
 電話をしてしまうと、弁護士費用や、訴訟取り下げのための費用として、多額の金銭を要求されます。
 また、犯人に個人情報を伝えてしまうことになります。
 このような葉書が届いても、葉書に記載の電話番号に電話することなく、最寄りの警察署や交番に連絡して下さい。
 
 
【問合せ先】調布警察署 042-488-0110 (内線2163)

架空請求詐欺の葉書に注意してください。(世田谷警察署)

架空請求詐欺とは、不特定多数の人に「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」「あなたの利用していた契約会社から契約不履行により、訴状が提出されました。」「連絡なき場合は、原告側の主張が受理され、あなたの財産を強制的に差し押さえます。」と嘘の内容が記載してある葉書を送りつけ、連絡してきた人に対して「訴訟取り下げ費用を支払うか、支払わなければ裁判となります。
」と言ってコンビニ決済や電子マネーの番号を相手に送信させてお金を騙し取る手口です。
 このような葉書が届いたら、すぐに記載の連絡先に電話せず、必ず警察に相談してください。
【問合せ先】世田谷警察署 03-3418-0110 (内線2162)

架空請求詐欺のメールに注意してください。(世田谷警察署)

架空請求詐欺とは、不特定多数の人にメールで「有料サイトの利用料金が未納になっており、このままでは訴訟となります。連絡ください。」と、嘘の内容を伝え、連絡してきた人に対して「解除手続きの費用を電子マネー(またはコンビニ決済)で支払ってもらいます。」といって手続きさせてお金を騙し取る手口です。
 身に覚えのない有料サイトの未納料金を支払う必要はありません。
 このようなメールが届き折り返し電話をすると、詐欺グループに電話番号が知られ、他の手口の詐欺の電話が架かってきます。
 折り返しの電話はせず、必ず警察に相談してください。
【問合せ先】世田谷警察署 03-3418-0110 (内線2162)

架空請求詐欺のメールに注意してください。(世田谷警察署)

架空請求詐欺とは、不特定多数の人にメールで「有料サイトの利用料金が未納になっており、このままでは訴訟となります。連絡ください。」と伝え、連絡してきた人に対して「解除手続きの費用を電子マネー(またはコンビニ決済)で支払ってもらいます。」といって手続きさせてお金を騙し取る手口です。
 身に覚えのない有料サイトの未納料金を支払う必要はありません。
 このようなメールが届いたら、すぐに折り返しの電話はせず、必ず警察に相談してください。
【問合せ先】世田谷警察署 03-3418-0110 (内線2162)

架空請求詐欺の葉書に注意してください。(世田谷警察署)

架空請求詐欺とは、不特定多数の人に「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と題した葉書で「あなたの利用していた契約会社から契約不履行により、訴状が提出されました。」「連絡なき場合は、原告側の主張が受理され、あなたの財産を強制的に差し押さえます。」と伝え、連絡してきた人に対して「訴訟取り下げ費用を支払うか、支払いがなければ裁判となります。
」と言ってコンビニ決済や、電子マネーの番号を相手に送信させてお金を騙し取る手口です。
 このような葉書が届いたら、すぐに記載の連絡先に電話せず、必ず警察に相談してください。
【問合せ先】世田谷警察署 03-3418-0110 (内線2162)

架空請求詐欺のメールに注意してください。(世田谷警察署)

架空請求詐欺とは、不特定多数の人にメールで「有料サイトの利用料金が未納になっており、このままでは訴訟となります。連絡ください。」と伝え、連絡してきた人に対して「解除手続き費用を電子マネー(またはコンビニ決済)で支払ってもらいます。」と言って手続きさせてお金を騙し取る手口です。
 身に覚えのない有料サイトの利用料金を支払う必要はありません。
 このようなメールが届いたら、すぐに折り返しの電話はせず、必ず警察に相談してください。
【問い合わせ先】世田谷警察署 03-3418-0110 (内線2162)

架空請求詐欺のメールに注意してください。(世田谷警察署)

架空請求詐欺とは、不特定多数の人にメールで「有料サイトの利用料金が未納になっており、このままでは訴訟となります。連絡ください。」と伝え、連絡してきた人に対して「解除手続きの費用を電子マネー(またはコンビニ決済)で支払ってもらいます。」といって手続きさせてお金を騙し取る手口です。
身に覚えのない有料サイトの利用料金を支払う必要はありません。
このようなメールが届いたら、すぐに折り返しの電話はせず、必ず警察に相談してください。
【問い合わせ先】世田谷警察署 03-3418-0110 (内線2162)

架空請求詐欺のメールに注意してください。(世田谷警察署)

架空請求詐欺とは、不特定多数の人にメールで「有料サイトの未納料金が未納になっており、このままでは訴訟となります。連絡ください。」と伝え、連絡してきた人に対して「解除手続きの費用を電子マネー(またはコンビニ決済)で支払ってもらいます。」といって手続きさせてお金を騙し取る手口です。
 身に覚えのない有料サイトの利用料金を支払う必要はありません。
 このようなメールが届いたら、すぐに折り返しの電話はせず、必ず警察に相談してください。
【問い合わせ先】世田谷警察署 03-3418-0110 (内線2162)

架空請求詐欺のメールに注意してください。(世田谷警察署)

架空請求詐欺とは、不特定多数の人にメールで「有料サイトの利用料金が未納になっており、このままでは訴訟となります。連絡ください。」と伝え、連絡してきた人に対して「解除手続きの費用を電子マネー(またはコンビニ決済)で支払ってもらいます。」といって手続きさせてお金を騙し取る手口です。
 身に覚えのない有料サイトの利用料金を支払う必要はありません。
 このようなメールが届いたら、すぐに折り返しの電話はせず、必ず警察に相談してください。
【問い合わせ先】世田谷警察署 03-3418-0110 (内線2162)

架空請求はがきに注意

近日、芝大門地区に、「未納料金が発生している」という内容のはがきが郵送されています。
 はがきに書かれていた番号に電話を架けると、担当者等を名乗る者が、「裁判所に提出する書類等の費用として10万円分の電子マネーをコンビニで購入し、その番号を伝えてほしい」と指示をしてきます。
 架空請求詐欺ですので身に覚えがないものは無視して下さい。
【問合せ先】愛宕警察署 03-3437-0110(内線2614)

架空請求詐欺のメールに注意してください。(世田谷警察署)

架空請求詐欺とは、不特定多数の人にメールで「有料サイトの利用料金が未納になっており、このままでは訴訟となります。連絡ください。」と伝え、連絡してきた人に対して「解除手続きの費用を電子マネー(またはコンビニ決済)で支払ってもらいます。」といって手続きをさせてお金を騙し取る手口です。
 身に覚えのない有料サイトの利用料金を支払う必要はありません。
 このようにメールが届いたら、すぐに折り返しの電話はせず、必ず警察に相談してください。
【問合せ先】世田谷警察署 03-3418-0110(内線2162)