タグ別アーカイブ: 運転

交通安全情報(秋の全国交通安全運動について)

1 期間
  平成30年9月21日(金)から9月30日(日)までの10日間
2 重点
 〇 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
 〇 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
 〇 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
 〇 飲酒運転の根絶
 〇 二輪車の交通事故防止

 全国交通安全運動は、広く国民に交通安全思想の普及、浸透を図り、交通ルールの遵守を習慣付けることで、交通事故防止の徹底を図ることを目的としています。
 交通事故は他人事ではありません。一人ひとりが交通ルールを守り、正しい交通マナーを実践すれば、防ぐことができます。この機会に、交通安全意識をより一層高めていただきますようお願いします。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110 (内線4112)

交通安全情報(交通死亡事故の発生について)福生警察署

7月24日(火)午後6時頃、二輪車と貨物自動車が衝突する交通死亡事故が発生しました。

慣れた道でも油断は禁物です。
 慣れた道では気が緩み漫然とした運転になりがちです。もしかすると人や自転車、車などの急な飛び出しがあるかもしれません。運転中は常に緊張感を持ち、周囲の安全確認を確実に行いましょう。

二輪車に注意してください。
 二輪車は車体が小さいため見落としたり、実際よりも遠くにいるように見え、速度も遅く感じられます。二輪車に注意し、十分に安全確認をして走行しましょう。

危険予測をお願いします。
 交差点は常に状況が変わることから、最も交通事故が多く、危険な場所です。交差点における信号や一時停止などの交通ルールを遵守しましょう。また、自分勝手な思い込みはせず、速度を控えめにし、交差道路からの人や車両の進入を予測した防衛運転に努めましょう。

 交通事故は他人事ではありません。一人ひとりが交通ルールとマナーを守り、交通事故を防ぎましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110 (内線4112)

運転卒業証書授与式を開催しました

平成30年6月23日(土)、昨年度に運転免許を自主返納された70歳以上の方を対象に「第3回運転卒業証書授与式」を開催しました。
交通安全漫談歌手塩之糀豊丸様、クイズ番組にご出演の水上颯様に講話をいただき、田園調布交通少年団から記念品をお渡ししました。
返納後のサポート制度もございますので、この機会に運転免許の自主返納をご検討ください。
今後も交通事故防止にご協力お願いします。
【問合せ先】田園調布警察署 03-3722-0110 (内線4112)

交通総務課(交通情報)

○ 飲酒運転させないTOKYOキャンペーン
 7月1日(日)から7日(土)までの7日間「飲酒運転させないTOKYOキャンペーン」を実施します。
 夏は、職場の暑気払いやレジャー等で飲酒するなど、飲酒運転に起因する交通事故の発生が懸念されることから、この期間を中心として啓発活動や取締りを強化します。
 また、飲酒運転の自動車に同乗すること、飲酒した人に自動車を貸すこと、運転する人にお酒を提供すること、勧めることは、飲酒運転した本人だけでなく、その行為をした周りの人も処罰されます。
 飲酒運転に「つい」や「うっかり」はありません。飲酒運転は犯罪です!

○ 家族や銀行、還付金をかたった詐欺被害防止のお願い
 多くの高齢者の方が、詐欺の被害にあわれています。帰省する際や、家族の時間が持てるこの時期に、御家族が被害にあわないよう、合言葉など相手を確認する方法を具体的に話し合いましょう。
  電話で家族構成を聞かれたり、お金の話が出たら、迷わずに一度電話を切って、家族や警察に電話を掛け直しましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(代表) (内線703-50323)

交通安全情報(福生警察署)飲酒運転根絶について

警視庁では、7月1日から7日までの1週間、飲酒運転させないTOKYOキャンペーンを実施します。
 飲酒運転は犯罪です。飲酒して車両を運転することに「つい」や「うっかり」は絶対にありません。
 飲酒運転等による重大交通事故が多発する中、運転手に責任の重さをわかっていただくためにも、厳しく取締りを行っていきます。
 自分が飲酒運転をしないことはもちろん、家族や同僚など、周囲の方にも飲酒運転根絶を呼び掛けてください。
 また、運転手だけでなく、お酒を飲んでいる人に車両を提供した人、運転しようとしている人にお酒を提供した人、飲酒運転している人の車に同乗した人についても、同様に罰せられることを忘れないでください。
 事故を起こしてから後悔しても遅いのです。皆さん一人ひとりが普段から「飲酒運転をしない、させない」という強い気持ちをもって安全運転に心掛けましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110 (内線4112)

交通総務課(交通情報)

○大型連休を車やバイクで出掛ける方へ
 連休中は多くの道路で渋滞が発生します。また、車が集中すると、事故が発生する確率も高くなります。渋滞する道路で、交代することなく長時間運転し続けると、知らず知らずのうちに、疲れから集中力が低下します。事前に休憩をとる場所を確認しておくなど無理のない運転を心掛けましょう。
○特殊詐欺被害防止に関するお願い
 多くの高齢者の方が、特殊詐欺の被害にあわれています。帰省する際や、家族の時間が持てるこの時期に、御家族が被害にあわないよう、話し合いましょう。
 電話で家族構成を聞かれたり、お金の話が出たら、迷わずに一度電話を切って、家族に電話を掛け直しましょう。
【問い合わせ先】交通総務課 03-3581-4321(代表) (内線50212)

高井戸警察署(子ども(声かけ等))

4月21日(土)、午後12時00分ころ、杉並区永福2丁目の路上で、児童(女)が下校途中、男に声をかけられました。
■声かけ等の内容
・一緒に車に乗らない?

■不審者の特徴
・身長170センチメートルくらい、年齢40〜50歳代、眼鏡、黒色背広上下、ネクタイなし、シルバー色セダンを運転する男

■使用車両
・シルバー色っぽい普通乗用車

【問い合わせ先】高井戸警察署 03-3332-0110 (内線2163)

自転車安全利用TOKYOキャンペーンについて 福生警察署

警視庁では、5月1日(火)から5月31日(木)までの間、自転車安全利用 TOKYOキャンペーンを実施します。
 自転車の基本的なルールとして、自転車安全利用五則があります。
  1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2 車道は左側を通行
  3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4 安全ルールを守る
    安全ルールには、飲酒運転の禁止、二人乗りの禁止、並走の禁止、夜間   はライトの点灯、交差点での信号遵守、一時停止・安全確認等があります。
  5 子供はヘルメットを着用
    自転車事故で亡くなった方の多くが、頭部にケガをしています。自転車    に乗るときは、ヘルメットをかぶりましょう。

 自転車は、事故の被害者だけでなく、加害者にもなることがあります。事故を起こしたことで、重い刑事責任や多額の損害賠償責任を負うことがあります。

 交通事故は他人事ではありません。お互いの少しの注意と正しい交通マナーで防ぐことができます。この機会に、自転車利用時の交通安全意識をより一層高めていただきますようお願いします。
【問い合わせ先】福生警察署 042-551-0110 (内線4112)

交通安全情報(交通死亡事故の発生について)福生警察署

4月18日(水)午後2時頃、瑞穂町内で、自転車と貨物自動車が衝突する交通死亡事故が発生しました。

 信号機のある交差点で「車が来ていないから」「誰も見ていないから」と、赤信号で渡っていませんか?
 見通しの悪い交差点などを通行するときに「いつも通る道だから」「面倒だから」と、油断していませんか?
 交差点は常に状況が変わることから、最も事故が多く、危険な場所です。信号を守ることはもちろん、交通ルールを守りましょう。また、自分勝手な思い込みはせず、危険を予測した運転をしましょう。
 
 通り慣れた道こそ気を引き締めて、安全確認を確実に行いましょう。

 交通事故は、他人事ではありません。一人ひとりが交通ルールとマナーを守って、交通事故を防ぎましょう。

【問い合わせ先】福生警察署 042-551-0110 (内線4112)

交通安全情報(春の全国交通安全運動について)福生警察署

1 期間
  平成30年4月6日(金)から4月15日(日)までの10日間
2 重点
 〇 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
 〇 自転車の安全利用の推進
 〇 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
 〇 飲酒運転の根絶
 〇 二輪車の交通事故防止

 全国交通安全運動は、広く国民に交通安全思想の普及、浸透を図り、交通ルールの遵守を習慣付けることで、交通事故防止の徹底を図ることを目的としています。

 交通事故は他人事ではありません。
 一人ひとりが交通ルールを守り、正しい交通マナーを実践すれば、防ぐことができます。この機会に、交通安全意識をより一層高めていただきますようお願いします。  
【問い合わせ先】福生警察署 042-551-0110 (内線4112)

交通死亡事故の発生について

◆交通死亡事故連続発生◆
都内では、重大交通事故が連続発生し、本日も、すでに3人の方が亡くなっています。
●ライダーの皆さんへ
 二輪車の重大交通事故が多発しています。特に、交通量が多くなる出勤・退勤時間帯の事故が多発しているので、ゆとりのある運転を心掛けましょう。また、万一の事故に備えて、ヘルメット・プロテクターを正しく着用しましょう。
●ドライバー・自転車利用の皆さんへ
 交差点とその付近は最も事故が多い場所です。小さな交差点を進行する際は、十分に速度を落として、周囲の安全確認を徹底しましょう。また、交差点で右左折する時は、アイコンタクトで相手の運転者や歩行者が自分の存在に気付いているか、必ず確認しましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通安全情報(交通死亡事故の発生について)福生警察署

1月19日(金)午後5時20分頃、瑞穂町内で、道路上に倒れていた男性が死亡する交通事故が発生しました。
 運転するときは、歩行者や自転車の動きに十分注意し、危険を予測した運転をしましょう。
 交差点では、周囲の安全をしっかり確認し、横断歩行者の前では必ず停車し、歩行者を先に渡らせてあげましょう。
 夜間に外出するときは、明るく目立つ服装を心掛け、反射材を活用しましょう。
 交通事故は、他人事ではありません。一人ひとりが交通ルールとマナーを守って、交通事故を防ぎましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4112)

綾瀬警察署(子ども(声かけ等))

11月3日(金)、午後2時40分ころ、足立区谷中1丁目の路上で、児童(男)が帰宅途中、男に声をかけられました。

■声かけ等の内容
・車に乗って行く?

(不審者の特徴については、白色ワンボックスを運転していた50歳から60歳くらいの男)

【問合せ先】綾瀬警察署 03-3620-0110(内線2612)

交通安全情報(交通死亡事故の発生について)福生警察署

10月7日(土)午後8時55分頃、福生市内で軽貨物自動車と歩行者が衝突し、歩行者の男性が死亡する交通事故が発生しました。
 運転するときは、歩行者や自転車の動きに十分注意し、危険を予測した運転をしましょう。また、スピードの出し過ぎは、交通事故の原因となります。こころにゆとりを持って運転しましょう。
 夜間に外出するときは、明るく目立つ服装を心掛け、反射材を活用しましょう。
 交通事故は、他人事ではありません。一人ひとりが交通ルールとマナーを守って、交通事故を防ぎましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4112)

交通安全情報(交通事故防止について) 福生警察署

都内において、交通死亡事故が連続発生しています。

 ★ドライバーの皆さんへ
   ・歩行者や自転車の動きに注意し、危険を予測した運転をしましょう。
   ・交差点を進行する際は、周囲の安全を確認してから進行しましょう。
 ★二輪車を利用する皆さんへ
   ・スピードの出し過ぎや無理なすり抜けは事故の原因となります。心にゆとりを
    もって運転しましょう。
   ・ヘルメットはあごひもをしっかり締め、プロテクターを着用して万が一に備え
    ましょう。
 ★自転車に乗る皆さんへ
   ・見通しの悪い交差点では、必ず止まって安全確認をしましょう。
   ・万が一に備え、大人も子どももヘルメットを着用しましょう。
 ★歩行者の皆さんへ
   ・交差点ではドライバーと目と目を合わせ(アイコンタクト)、意思の疎通を図
    りましょう。
   ・夜間の外出の際は、明るく目立つ格好を心がけ、反射材を活用しましょう。

交通事故は他人事ではありません。一人ひとりが交通ルールとマナーを守って、交通事故を防ぎましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4113)