タグ別アーカイブ: 道路

交通安全情報(福生警察署)子供の交通事防止

もうすぐ楽しい夏休みです。お子さんの行動範囲が広がり、交通事故が懸念されます。
 大切なお子さんを交通事故から守るためには、大人がお手本を示して、繰り返し繰り返し、お子さんの身体に染み付くまで、交通ルールをよく理解させることが大切です。
 特に、
  ・道路に飛び出さないこと
  ・信号を守ること
  ・青信号でも必ず止まって左右の安全確認をすること
  ・道路で遊ばないこと
  ・自転車に乗るときは必ずヘルメットをかぶること
を重点に、交通ルールを教えてあげてください。
 ご家庭でもできる安全教育があります。
 お子さんと一緒に、交通ルールとマナーについて話し合い、大切なお子さんの命を守りましょう。

【問合せ先】福生警察署 042-551-0110 (内線4112)

成城警察署(子ども(声かけ等))

6月27日(水)、午後3時00分ころ、世田谷区桜上水4丁目の路上で、児童(男)が下校途中、男につきまとわれました。
( 当事者が下校中に振り返ったところ、自転車に乗った男が20メートル後方にいることに気が付いた。
 その後、当時者の後方1メートルの距離に不審者がおり、進行方向も同じだったことからつきまとわれていると感じた。
 不審者は水道道路に差し掛かったところで桜上水方向に走り去った。)

■不審者の特徴
・男、年齢不明、身長不明、体格不明、髪型不明、髪色不明、茶色っぽい長袖上衣、灰色っぽいズボン、サングラス使用、黒色っぽいニット帽着用、色不明の自転車乗車

■使用車両
・色不明の自転車

【問合せ先】成城警察署 03-3482-0110

交通総務課(交通情報)

○大型連休を車やバイクで出掛ける方へ
 連休中は多くの道路で渋滞が発生します。また、車が集中すると、事故が発生する確率も高くなります。渋滞する道路で、交代することなく長時間運転し続けると、知らず知らずのうちに、疲れから集中力が低下します。事前に休憩をとる場所を確認しておくなど無理のない運転を心掛けましょう。
○特殊詐欺被害防止に関するお願い
 多くの高齢者の方が、特殊詐欺の被害にあわれています。帰省する際や、家族の時間が持てるこの時期に、御家族が被害にあわないよう、話し合いましょう。
 電話で家族構成を聞かれたり、お金の話が出たら、迷わずに一度電話を切って、家族に電話を掛け直しましょう。
【問い合わせ先】交通総務課 03-3581-4321(代表) (内線50212)

交通安全情報(交通死亡事故の発生について)福生警察署

1月19日(金)午後5時20分頃、瑞穂町内で、道路上に倒れていた男性が死亡する交通事故が発生しました。
 運転するときは、歩行者や自転車の動きに十分注意し、危険を予測した運転をしましょう。
 交差点では、周囲の安全をしっかり確認し、横断歩行者の前では必ず停車し、歩行者を先に渡らせてあげましょう。
 夜間に外出するときは、明るく目立つ服装を心掛け、反射材を活用しましょう。
 交通事故は、他人事ではありません。一人ひとりが交通ルールとマナーを守って、交通事故を防ぎましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4112)

交通安全情報(子どもの交通安全について)福生警察署

先日、福生市内において小学生とトラックが衝突し、小学生が重傷を負う交通事故が発生しました。年度末に向けて子どもの交通事故が多く発生する傾向にあります。
 これから春になり、新入園、新学期と子どもたちにとってもあわただしい時期となります。
そこで保護者の皆さんに、お願いがあります。

お子さんに、
 ○道路に飛び出さないこと
 ○信号を守ること
 ○青信号でも必ず止まって左右の安全確認をすること
 ○道路で遊ばないこと
 ○自転車に乗るときは必ずヘルメットをかぶること
を話して、交通事故防止にご協力ください。

 ご家庭でもできる交通安全教育があります。
 お子さんと一緒に、交通ルールとマナーについて話し合い、交通安全の意識を高め、大切なお子さんの命を守りましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4112)

年末はひったくりに気をつけてください。

ひったくりを防止するための有効な対策
1バッグは建物側に持って歩きましょう。
2バッグはたすきがけに持ちましょう。
3自転車のカゴには防犯ネットを使用しましょう。
4なるべく歩道と車道の区別がある道路を通行しましょう。
5歩きながらのスマートフォン、携帯電話、プレーヤーの使用はやめましょう。
6バイクの音がしたら振り向いて確認しましょう。
【問合せ先】志村警察署 03-3966-0110(内線2162)

ひったくりの連続発生!

【このメールは、大塚警察署からの情報ですが、メールの内容に関係する警察署を選択している方にも配信しています。】

11月に入り、練馬区・板橋区・豊島区で、バイク利用のひったくりが連続発生しています。
時間帯は、午後10時ころから午前6時ころの間に集中しており、被害者はすべて女性です。
22日の午前0時50分ころには、文京区境の豊島区高田2丁目の裏路地で、帰宅途中の女性が、後方から来た白色スクーター型バイクに、追い抜きざまに手提げバッグをひったくられています。
【被害防止策】
■バッグは車道側に持たない。
■夜間は、人通りの多い道路を選んで歩く。
■ながらスマホやヘッドフォンを掛けて歩かない。
■帰宅途中バイクの音を聞いたら、常に後方に注意しましょう。
■自転車のカゴには、ひったくり防止に効果のある「くるみちゃん」を取り付けましょう。
※大塚署では、ひったくり防止カバー「くるみちゃん」を無料で配布しています。
【問合せ先】大塚警察署 03-3941-0110(内線2162)

交通安全情報(子どもの交通安全) 福生警察署

先日、都内において小学生が亡くなる交通事故が発生しました。
大切な子どもの命を守るために、お子さんにくり返し教えてください。
 ・道路を横断する時は、遠回りでも横断歩道を渡ること。
 ・青信号でも、左右の安全を確かめてから渡ること。
 ・車が来ているときは、運転者と視線を合わせて(アイコンタクト)、車が止まった
  ことを確認してから横断すること。
 ・自転車に乗る時は、ヘルメットを着用すること。一時停止の標識がある場所や、
  見通しの悪い交差点では、必ず止まって安全を確かめること。

 ご家庭においてもできる交通安全教育があります。
 お子さんと一緒に交通ルールやマナーについて話し合い、交通安全の意識を高め、大切な命を交通事故から守りましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4113)

交通死亡事故の発生について

8月7日現在、都内の交通事故死者数は94人で、昨年に比べ1人多くなっています。
●歩行者・自転車利用の皆さんへ
 歩行者の横断禁止場所横断や自転車利用者の信号無視を一因とする交通死亡事故が発生しています。「横断歩道まで行くのは面倒」「赤信号だけど、車がこないから渡ってしまおう」という気持ちで道路を横断したりしていませんか?「きちんと確認したつもり」「大丈夫だと思った」では事故は防げません!自分の身を守るためにも交通ルールは必ず守りましょう。
☆交通事故防止対策スローガン 「交通死亡事故連続減少 チャレンジロード140」
☆特殊詐欺被害防止スローガン 「犯人の 電話に出ないで 被害ゼロ!」
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

(田園調布署)警察署の垂れ幕を新調しました

7月11日、田園調布署の外壁に掲示している大きな垂れ幕を新調しました。
夏空のような鮮やかな青色を背景に、スローガンの文字を大きく、見やすくしました。
スローガン やさしさが 走るこの街 この道路
自転車利用中の交通事故が多発しております。
自転車利用時のマナー向上にもご協力をお願いします。
【問合せ先】田園調布警察署 03-3722-0110(内線4112)

子供の交通事故防止について(交通安全情報)福生警察署

今年に入り、都内では子供の交通死亡事故が3件発生しています。
 もうすぐ楽しい夏休みです。
 大切なお子さんを交通事故から守るためには、大人がお手本を示して、繰り返し繰り返し子供の身体に染み付くまで交通ルールをよく理解させることが大切です。
 お子さんに、交差点をわたる時の大切なポイントを再度教えてあげてください。
 道路を横断する時は、運転手と目と目を合わせるアイコンタクトをしましょう。そして、手を挙げて、渡りますという意思を伝え、車が止まったことを確認してから横断しましょう。渡っている間も車が来ていないか左右を確認しましょう。
 是非、ご家庭での安全教育をお願いします。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4112)

交通死亡事故の発生について

◆交通事故に注意◆
 都内では、6月19日から25日までの間に交通事故により5人の方が亡くなられています。
●歩行者の皆さんへ
 信号待ちや渋滞停止中の車両間から横断して、車と衝突する重大交通事故が連続で発生しています。「横断歩道まで行くのは面倒」「ちょうど車が止まったから、渡ってしまおう」という気持ちは大変危険です!道路を横断するときは、歩道橋や地下道等の施設や横断歩道を利用しましょう。
●自転車利用者の皆さんへ
 交差点の一時停止はしっかり守っていますか?道路を横断する際、左右の安全確認を十分にしていますか?「やったつもり」では事故は防げません!自分の身を守るために、車両の運転者として交通ルールを守りましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故の発生について

◆交通事故に注意◆
 都内では、6月12日から18日までの間に、交通事故により5人の方が亡くなられています。
●歩行者の皆さんへ
横断中の重大交通事故が多発しています。歩行者横断禁止の標識があるところは、車線が多く、車の流れが速いところですので、車がこないからといって渡ってはいけません。道路は、多数の人や車が通行するところです。みんなが安全、円滑に通行できるように、交通ルールを守りましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

武蔵野警察署からのお知らせ

『 6月3日、土曜日、午後2時ころから午後4時ころにかけて、吉祥寺駅周辺では、デモ警備に伴う交通規制が行われるため、周辺の道路を含めて大変な混雑が予想されます。お出かけの際は、十分ご注意下さい。』
【問合せ先】武蔵野警察署 0422-55-0110(内線4612)

交通死亡事故の発生について

◆交通事故に注意◆
 都内では、5月22日から28日までの間に交通事故により3人の方が亡くなられています。
死亡事故は、トラックと二輪車の衝突事故が2件、乗用車と横断歩行者の衝突事故が1件でした。
●トラック運転手の皆さんへ
 進路変更や転回をしたり、道路を横断をする時は、周りの交通状況や前後・左右の安全確認・スピードの調整など、多くのことに注意を向けなければなりません。特に車体の小さい二輪車が近づいてくる場合、相手のスピードや相手との距離が把握しづらくなることがあるので注意が必要です。プロのドライバーの皆さん、ハンドルを握るときは長年の経験則だけに頼らず、常に緊張感を持って確実な安全確認をしましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)