タグ別アーカイブ: 都内

「広報けいしちょう新春号(第85号)」の発行について

今日の新聞折込み(都内版)で「広報けいしちょう新春号(第85号)」が配布されました。今回は、クロスワードで詐欺根絶、大震災時の交通規制、110番と#9110の使い分けなどを掲載していますので、是非お読みください。
 詳細は、新聞折込み(都内版)又は警視庁ホームページ(PDF版)をご覧ください。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/koho/koho.html

【問合せ先】広報課 03-3581-4321(代表) (内線21645)

交通総務課(交通情報)

昨年の都内の交通事故死者数は、前年より21人少なく143人でした。年齢別では65歳以上の高齢者が約4割と最も多く、特に歩行中に交通事故に遭うケースが目立ちました。警視庁では、本年も歩行者保護など各種事故防止対策を推進していきます。
悲惨な交通事故を無くすために、一人ひとりが交通ルールを守り、正しいマナーを実践していただき、都民の皆様と「世界一の交通安全都市TOKYO」を目指してまいりますので、ご協力をお願いします。

【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(代表) (内線50212)

カード預かり詐欺入電中(多摩中央警察署)

■現在、多摩市内に、多摩中央警察署の警察官をかたる者からウソの電話が入っています。

■電話の内容
・昨日、都内で詐欺グループを摘発した
・犯人達の事務所から、あなた名義のキャッシュカードがみつかった
・カードが悪用されているかもしれない
・確認のため、利用している金融機関を教えて

■この後、犯人はキャッシュカードについて質問し、預かりに来て、お金を引き出します。

★不審な電話は、すぐ110番!

【問合せ先】多摩中央警察署 042-375-0110 (内線6521)

交通総務課(交通情報)

都内で、12月23日と24日の2日間で6件の交通死亡事故が発生しました。警視庁では、緊急対策を実施し、事故の原因となる交通違反の指導取締りを強化しています。
 ドライバーの皆さん、年末を迎え、気持ちが慌しくなりがちです。そんな時こそ、思いやりとゆずり合いの気持ちを持って、ゆとりある運転を心掛けましょう。
 歩行者の皆さんも、自分の身を守るために交通ルールを必ず守りましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(代表) (内線703-50321)

子供の重大交通事故連続発生について

保護者の皆様へ
 今年も残すところあとわずかとなりました。皆様におかれましても、日々慌ただしくお過ごしのこととお察しします。

 12月に入り、都内において子供が被害に遭われる重大な交通事故が連続して発生しています。
冬休みに入ります。年末年始、お子様が笑顔で新年を迎えるため、ご家庭におかれましても、日々の生活の中で、交通ルールを守ることについてお話しください。皆様のご協力を、よろしくお願いします。

 <<注意事項>>
*道路を横断するときは、必ず近くの横断歩道を渡ること。
*信号を守ること。(赤から青の変わり目に注意!)
*青信号でも、右・左を見て車が来ないことを確認すること。
 (青信号の横断歩道で、子供が被害に遭っています)
*車に近づかないこと。
 (バス、トラックから子供は、見えていません)
*道路に絶対飛び出さないこと。

【問合せ先】田無警察署 042-467-0110 (内線4112)

小学生の交通死亡が連続に発生しています。

12月に入り、都内で小学生が亡くなる交通事故が連続発生しました。調布署管内でも、小学生の事故が20件近く発生しています。外に出かける子供に、「信号が青でもに右左の安全確認を確かめること」「車道への飛び出しをしないこと」等、事故に気をつける様、繰り返し教えてあげて下さい。
【問合せ先】調布警察署 042-488-0110 (内線4112)

交通総務課(交通情報)

都内では10月24日から11月1日までの9日間で交通死亡事故が多発し、11人の方が亡くなられています。また、本日も重大交通事故が発生しています。
○歩行者の皆さんへ 〜車はあなたに気付いてますか〜
 横断中の重大交通事故が多発しています。横断禁止場所横断や信号無視は大変危険です。車はあなたを見落としているかもしれません。無理な横断はせずに、交通ルールは必ず守りましょう。
○ドライバーの皆さんへ 〜今日も無事故で安全運転〜
 通勤や業務で通り慣れた道は油断してしまいがちです。横断歩道には常に歩行者がいるもの、交差点では自転車や二輪車が飛び出してくるかもしれないと思って、危険を予測した運転を心掛けましょう。また、夕暮れ時の事故防止のため、早めに前照灯を点灯しましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(代表) (内線50212)

交通安全情報(交通事故防止について)

都内において、交通死亡事故が連続発生しています。
 交通事故の多くは交差点やその付近で発生しています。交差点を進行する際は、周囲の安全を確認してから進行しましょう。
 また、夕暮れ時の交通事故防止のために、車両を運転する際は早めのライト点灯をお願いします。歩行者の方も、明るく目立つ服装を心掛け、反射材を活用する等、自分の存在を周囲に知らせるようにしましょう。
 交通事故は他人事ではありません。いつもの道だといって油断せず、交通ルールとマナーを守って交通事故を防ぎましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110 (内線4112)

交通総務課(交通情報)

◆交通死亡事故連続発生
 都内では、昨日中に4件の交通死亡事故が発生しました。
 警視庁では、交通死亡事故の多発を受け、交通死亡事故緊急対策を実施し、特に、歩行者に対する指導警告及び自転車利用者に対する信号無視等の取締りを強化しています。
○ドライバーの皆さんへ
 横断歩道は歩行者優先です。交差点に設置された横断歩道には歩行者などがいるものと思い、より緊張感を持って通行しましょう。
○歩行者の皆さんへ
 歩行者の横断禁止場所横断等を一因とする重大交通事故が発生しています。自分の身を守るためにも交通ルールは必ず守りましょう。

☆交通事故防止対策スローガン 〜世界一の交通安全都市TOKYOを目指して〜
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(代表) (内線50212)

「特殊詐欺撲滅川柳2018」の募集について

警視庁と東京都では、第一生命保険(株)の「サラリーマン川柳」とコラボした、「特殊詐欺撲滅川柳2018」を行います。
 都内で多発する特殊詐欺の被害にあわないため、「家族のヒヤリハッと体験談」「我が家の詐欺対策」などを大募集します。
 応募期間は平成30年10月1日から同年11月30日までです。
 皆様、たくさんのご応募をお待ちしております。
 詳しい情報はこちらまで。

警視庁ホームページ 
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/tokushu/senryu.html

【問合せ先】犯罪抑止対策本部 03-3581-4321(代表) (内線7650-3765)

「広報けいしちょう秋号(第84号)」の発行について(広報課)

今日の新聞折込み(都内版)で「広報けいしちょう秋号(第84号)」が配布されました。今回は、自転車のマナー、特殊詐欺の手口と対策、ネットショッピングを利用する際の注意点などを掲載していますので、是非お読みください。
詳細は、新聞折込み(都内版)又は警視庁ホームページ(PDF版)をご覧ください。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/koho/koho.html
  

【問合せ先】広報課 03-3581-4321(代表) (内線21645)

カード預かり詐欺入電中(目白警察署)

■現在、豊島区内に、都内の有名な病院をかたる者からウソの電話が入っています。

■電話の内容
・診察の予約をされていると思うのですが?

■この後、犯人はキャッシュカードについて質問し、預かりに来て、お金を引き出します。

★不審な電話は、すぐ110番!

【問合せ先】目白警察署 03-3987-0110 (内線6540)

「広報けいしちょう夏号(第83号)」の発行について(広報課)

今日の新聞折込み(都内版)で「広報けいしちょう夏号(第83号)」が配布されました。
今回は、ご家庭でできる特殊詐欺対策の紹介、迷惑防止条例・東京都水上安全条例の改正について特集していますので、是非お読みください。
詳細は、新聞折込み(都内版)又は警視庁ホームページ(PDF版)をご覧ください。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/koho/koho.html
 

【問合せ先】広報課 03-3581-4321(代表) (内線21645)

交通総務課(交通情報)

都内ではオートバイの交通死亡事故が4月末現在18件発生し、昨年比+10件と急増しています。特に通勤途中の事故や、小型スクーターの事故が多くなっています。
万一に備えて、ヘルメットのあごひもはしっかりと締め、胸部プロテクターも装着しましょう。
【問い合わせ先】交通総務課 03-3581-4321(代表)

「広報けいしちょう春号(第82号)」の発行について(広報課)

今日の新聞折込み(都内版)で「広報けいしちょう春号(第82号)」が配布されました。今回は、春の全国交通安全運動や自分の裸をメールで送らされる被害、いわゆる自画撮り被害の防止について特集していますので、是非お読みください。
詳細は、新聞折込み(都内版)又は警視庁ホームページ(PDF版)をご覧ください。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/koho/koho.html

【問い合わせ先】広報課 03-3581-4321(代表) (内線21641)