タグ別アーカイブ: 都内

カード預かり詐欺入電中(目白警察署)

■現在、豊島区内に、都内の有名な病院をかたる者からウソの電話が入っています。

■電話の内容
・診察の予約をされていると思うのですが?

■この後、犯人はキャッシュカードについて質問し、預かりに来て、お金を引き出します。

★不審な電話は、すぐ110番!

【問合せ先】目白警察署 03-3987-0110 (内線6540)

「広報けいしちょう夏号(第83号)」の発行について(広報課)

今日の新聞折込み(都内版)で「広報けいしちょう夏号(第83号)」が配布されました。
今回は、ご家庭でできる特殊詐欺対策の紹介、迷惑防止条例・東京都水上安全条例の改正について特集していますので、是非お読みください。
詳細は、新聞折込み(都内版)又は警視庁ホームページ(PDF版)をご覧ください。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/koho/koho.html
 

【問合せ先】広報課 03-3581-4321(代表) (内線21645)

交通総務課(交通情報)

都内ではオートバイの交通死亡事故が4月末現在18件発生し、昨年比+10件と急増しています。特に通勤途中の事故や、小型スクーターの事故が多くなっています。
万一に備えて、ヘルメットのあごひもはしっかりと締め、胸部プロテクターも装着しましょう。
【問い合わせ先】交通総務課 03-3581-4321(代表)

「広報けいしちょう春号(第82号)」の発行について(広報課)

今日の新聞折込み(都内版)で「広報けいしちょう春号(第82号)」が配布されました。今回は、春の全国交通安全運動や自分の裸をメールで送らされる被害、いわゆる自画撮り被害の防止について特集していますので、是非お読みください。
詳細は、新聞折込み(都内版)又は警視庁ホームページ(PDF版)をご覧ください。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/koho/koho.html

【問い合わせ先】広報課 03-3581-4321(代表) (内線21641)

交通死亡事故の発生について

◆交通死亡事故連続発生◆
都内では、重大交通事故が連続発生し、本日も、すでに3人の方が亡くなっています。
●ライダーの皆さんへ
 二輪車の重大交通事故が多発しています。特に、交通量が多くなる出勤・退勤時間帯の事故が多発しているので、ゆとりのある運転を心掛けましょう。また、万一の事故に備えて、ヘルメット・プロテクターを正しく着用しましょう。
●ドライバー・自転車利用の皆さんへ
 交差点とその付近は最も事故が多い場所です。小さな交差点を進行する際は、十分に速度を落として、周囲の安全確認を徹底しましょう。また、交差点で右左折する時は、アイコンタクトで相手の運転者や歩行者が自分の存在に気付いているか、必ず確認しましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故多発!!

本年に入り、交通死亡事故が急増しています。昨日現在で都内における交通事故死者数は10人で、昨年に比べて7人増加しています。
●歩行者の皆さんへ
 早朝、夜間帯の高齢歩行者の交通死亡事故が多発しています。出掛ける際は、明るく目立つ服装と反射材を身に付け、自分の存在をアピールしましょう。交通事故は他人事ではありません。自分の命を守るために、交通ルールはきちんと守りましょう。
●ドライバーの皆さんへ
 横断歩行者と衝突する事故が発生しています。一瞬の気の緩みが重大交通事故を招いてしまうことを忘れずに、今一度、気を引き締めてハンドルを握りましょう。
警視庁では、『世界一の交通安全都市TOKYOを目指して』本年も総合的な交通事故防止対策を強力に推進していきます。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

カード預かり詐欺入電中(府中署)

■現在、府中市内に、府中署員をかたる者からウソの電話が入っています。

■電話の内容
・府中市内でオレオレ詐欺が多発しています
・最近不審な電話はありませんでしたか
・都内の特殊詐欺グループを捕まえました

■この後、犯人はキャッシュカードについて質問し、預かりに来て、お金を引き出します。

★不審な電話は、すぐ110番!

【問合せ先】府中警察署 042-360-0110(内線2162)

『広報けいしちょう新春号(第81号)』の発行について(広報課)

今日の新聞折込み(都内版)で『広報けいしちょう新春号(第81号)』が配布されました。
新年に当たり、吉田警視総監の挨拶をはじめ、皆さんにご参加いただきたい交通安全教室や各ボランティアの募集を紹介しています。詳細は、新聞折込み(都内版)又は警視庁ホームページ(PDF版)をご覧ください。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/koho/koho.html

【問合せ先】広報課 03-3581-4321 内線21643(平日のみ)

交通死亡事故の発生について

都内では、昨日、交通事故により、1人の方が亡くなられました。事故態様は、乗用車と高齢歩行者の衝突事故でした。
 警視庁では、本年、東京都と関係行政機関等との共通標語である「交通死亡事故連続減少 チャレンジロード140 」のスローガンの下、各種交通事故防止対策を推進してまいりましたが、昨日現在で都内における交通事故死者数は141人に達したほか、平成13年以降、16年連続して減少してきた発生件数及び負傷者数も昨年同期に比べて増加しています。
 例年、これからの時期は、重大交通事故が多発する傾向にあり、特に、子供と高齢者が関係する交通事故や、飲酒事故の発生が懸念されています。
 警視庁では、引き続き、都内の交通事故を1件でも減少させるよう、各種交通事故防止対策を強力に推進してまいります。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

『広報けいしちょう秋号(第80号)』の発行について(広報課)

今日の新聞折込み(都内版)で『広報けいしちょう秋号(第80号)』が配布されました。
今号は、被害が急増している特殊詐欺の対策として、“犯人からの電話に出ないこと”“留守番電話機能の活用”などについて特集しています。詳細は、新聞折込み(都内版)又は警視庁ホームページ(PDF版)をご覧ください。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/koho/koho.html

【問合せ先】広報課 03-3581-4321 内線21643(平日のみ)

特殊詐欺の被害状況8月末について(警視庁犯罪抑止対策本部)

【このメールは、警視庁本部からの防犯情報を選択している方に配信しています。】
東京都内における本年8月末の特殊詐欺の被害件数は2,117件、被害総額約48億6,000万円で、昨年同期と比べ、936件(79.3%)増加し、被害額は約11億6,000万円(31.4%)増加しています。
なお、8月末の被害件数2,117件は、平成28年1〜12月の被害件数2,032件を既に超えています。
【犯人の電話に出ないことが被害防止につながります】
オレオレ詐欺をはじめとする特殊詐欺は、犯人が電話を使用してだます手口がほとんどです。被害に遭わないためには、犯人からの電話に出ないことが重要です。
ご自宅の電話を常に「留守番電話」に設定しておき、電話がかかってきても電話には出ず、相手が電話を切ったあと、録音されたメッセージを聞いて、必要があれば折返し電話をかけるようにしてください。そうすることにより、犯人からの電話に出ることがなくなり、被害を防止することができます。御家族で話をしてみてください。
手口別の被害状況ついては、下記警視庁ホームページを参照してください。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/tokushu/furikome/furikome.html
【問合せ先】警視庁犯罪抑止対策本部 電話03-3581-4321(内線703-39212)

交通安全情報(子どもの交通安全) 福生警察署

先日、都内において小学生が亡くなる交通事故が発生しました。
大切な子どもの命を守るために、お子さんにくり返し教えてください。
 ・道路を横断する時は、遠回りでも横断歩道を渡ること。
 ・青信号でも、左右の安全を確かめてから渡ること。
 ・車が来ているときは、運転者と視線を合わせて(アイコンタクト)、車が止まった
  ことを確認してから横断すること。
 ・自転車に乗る時は、ヘルメットを着用すること。一時停止の標識がある場所や、
  見通しの悪い交差点では、必ず止まって安全を確かめること。

 ご家庭においてもできる交通安全教育があります。
 お子さんと一緒に交通ルールやマナーについて話し合い、交通安全の意識を高め、大切な命を交通事故から守りましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4113)

交通安全情報(交通事故防止について) 福生警察署

都内において、交通死亡事故が連続発生しています。

 ★ドライバーの皆さんへ
   ・歩行者や自転車の動きに注意し、危険を予測した運転をしましょう。
   ・交差点を進行する際は、周囲の安全を確認してから進行しましょう。
 ★二輪車を利用する皆さんへ
   ・スピードの出し過ぎや無理なすり抜けは事故の原因となります。心にゆとりを
    もって運転しましょう。
   ・ヘルメットはあごひもをしっかり締め、プロテクターを着用して万が一に備え
    ましょう。
 ★自転車に乗る皆さんへ
   ・見通しの悪い交差点では、必ず止まって安全確認をしましょう。
   ・万が一に備え、大人も子どももヘルメットを着用しましょう。
 ★歩行者の皆さんへ
   ・交差点ではドライバーと目と目を合わせ(アイコンタクト)、意思の疎通を図
    りましょう。
   ・夜間の外出の際は、明るく目立つ格好を心がけ、反射材を活用しましょう。

交通事故は他人事ではありません。一人ひとりが交通ルールとマナーを守って、交通事故を防ぎましょう。
【問合せ先】福生警察署 042-551-0110(内線4113)

交通死亡事故の発生について

◆交通死亡事故連続発生◆
 昨日、都内で自転車に乗っていた小学生の交通死亡事故が発生しました。
 都内では、4日間連続で交通死亡事故が発生しており、本日もすでに1人の方が亡くなられています。
 警視庁では、交通死亡事故の多発を受け、交通死亡事故緊急対策を実施し、特に、急増している二輪車事故に対する指導取締りを強化しています。
●新学期が始まってから子供の交通事故が続いています。大切なお子さんを交通事故から守るために、お子さんが普段利用している道を実際に一緒に歩き、お子さんの目線で「なぜ危ないのか」「どこを注意すればよいのか」を具体的に教えてあげましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故の発生について

◆交通事故に注意◆
 昨日、都内で小学生の交通死亡事故が発生しました。
 都内では、8月27日から昨日までの4日間で重大交通事故が連続発生し、5人の方が亡くなられています。
●ライダーの皆さんへ
 バイクが関与する重大交通事故が急増しています。バイクは車体が小さいため、相手からは実際よりも遠くにいるように見えたり、スピードが把握しづらくなることがあるので注意が必要です。万一の事故に備えて安全装備を確実に、ヘルメット・プロテクターは正しく着用しましょう。
●ドライバーの皆さんへ
 夏の疲れがたまっている状態で運転していませんか?一瞬の気の緩みが重大交通事故を招いてしまうことを忘れずに、今一度、気を引き締めてハンドルを握りましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)