タグ別アーカイブ: 50212

交通総務課(交通情報)

○自転車利用の皆さんへ
初夏の風が気持ちいいこの季節、自転車で出掛けたくなりますね!
ところで、自転車の正しい乗り方を知っていますか?
事故を起こさない、遭わないために、自転車安全利用五則をしっかり守りましょう。
1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
2 車道は左側を通行
3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4 安全ルールを守る〜信号を守る!交差点手前で一時停止と安全確認!
5 子供はヘルメットを着用
○特殊詐欺被害防止に関するお願い
 詐欺の防犯標語は、「たこのおすし」!!
た…たくわえを 家族で守ろう 合い言葉!
こ…こを思う 親の気持ちにつけこみます!
の…のっちゃだめ!ATMでの還付金。
お…「おれだけど…鞄なくした」それは詐欺!
す…すぐ出ない。留守番を電話聞いてから!
し…しっておこう。詐欺の手口と撃退法!
【問い合わせ先】交通総務課 03-3581-4321(代表) (内線50212)

交通総務課(交通情報)

○大型連休を車やバイクで出掛ける方へ
 連休中は多くの道路で渋滞が発生します。また、車が集中すると、事故が発生する確率も高くなります。渋滞する道路で、交代することなく長時間運転し続けると、知らず知らずのうちに、疲れから集中力が低下します。事前に休憩をとる場所を確認しておくなど無理のない運転を心掛けましょう。
○特殊詐欺被害防止に関するお願い
 多くの高齢者の方が、特殊詐欺の被害にあわれています。帰省する際や、家族の時間が持てるこの時期に、御家族が被害にあわないよう、話し合いましょう。
 電話で家族構成を聞かれたり、お金の話が出たら、迷わずに一度電話を切って、家族に電話を掛け直しましょう。
【問い合わせ先】交通総務課 03-3581-4321(代表) (内線50212)

交通総務課(交通情報)

交差点を横断中の歩行者・自転車の重大交通事故が多発しています。交差点は最も事故が多い場所です。交差点に入ろうとするときは、信号が青になっても、左右の車が止まったのを確かめて、ひと呼吸おいてから横断しましょう。また、横断中も「横断歩道だから安心」と思わずに、周囲の車の動きに注意しながら渡りましょう。
【特殊詐欺被害防止に関するお願い】
「有料動画未納料金…」「キャッシュカードが偽造されている…」「ATMに着いたらコールセンターに電話して…」は、犯人が使うだまし文句で全部詐欺!すぐに110番!!
【問い合わせ先】交通総務課 03-3581-4321(代表) (内線50212)

交通死亡事故の発生について

◆交通死亡事故連続発生◆
都内では、重大交通事故が連続発生し、本日も、すでに3人の方が亡くなっています。
●ライダーの皆さんへ
 二輪車の重大交通事故が多発しています。特に、交通量が多くなる出勤・退勤時間帯の事故が多発しているので、ゆとりのある運転を心掛けましょう。また、万一の事故に備えて、ヘルメット・プロテクターを正しく着用しましょう。
●ドライバー・自転車利用の皆さんへ
 交差点とその付近は最も事故が多い場所です。小さな交差点を進行する際は、十分に速度を落として、周囲の安全確認を徹底しましょう。また、交差点で右左折する時は、アイコンタクトで相手の運転者や歩行者が自分の存在に気付いているか、必ず確認しましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故多発!!

本年に入り、交通死亡事故が急増しています。昨日現在で都内における交通事故死者数は10人で、昨年に比べて7人増加しています。
●歩行者の皆さんへ
 早朝、夜間帯の高齢歩行者の交通死亡事故が多発しています。出掛ける際は、明るく目立つ服装と反射材を身に付け、自分の存在をアピールしましょう。交通事故は他人事ではありません。自分の命を守るために、交通ルールはきちんと守りましょう。
●ドライバーの皆さんへ
 横断歩行者と衝突する事故が発生しています。一瞬の気の緩みが重大交通事故を招いてしまうことを忘れずに、今一度、気を引き締めてハンドルを握りましょう。
警視庁では、『世界一の交通安全都市TOKYOを目指して』本年も総合的な交通事故防止対策を強力に推進していきます。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故の発生について

◆交通事故に注意◆
 早朝時間帯の高齢歩行者の死亡事故が連続で発生しました。朝方でもまだ暗いうちに出かける際は、明るく目立つ服装と反射材を身につけ、自分の存在をアピールしましょう。また、横断中の重大交通事故も多発しています。「車がこないから大丈夫」「相手が止まってくれるだろう」と思い込んで、横断禁止場所を横断したり、信号無視をしていませんか?交通ルールを守ることは、自分の命を守ることになります。警視庁は、年末までの残る期間、皆さんが笑顔で新年を迎えられるよう、引き続き総合的な交通事故防止対策を強力に推進してまいります。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故の発生について

都内では、昨日、交通事故により、1人の方が亡くなられました。事故態様は、乗用車と高齢歩行者の衝突事故でした。
 警視庁では、本年、東京都と関係行政機関等との共通標語である「交通死亡事故連続減少 チャレンジロード140 」のスローガンの下、各種交通事故防止対策を推進してまいりましたが、昨日現在で都内における交通事故死者数は141人に達したほか、平成13年以降、16年連続して減少してきた発生件数及び負傷者数も昨年同期に比べて増加しています。
 例年、これからの時期は、重大交通事故が多発する傾向にあり、特に、子供と高齢者が関係する交通事故や、飲酒事故の発生が懸念されています。
 警視庁では、引き続き、都内の交通事故を1件でも減少させるよう、各種交通事故防止対策を強力に推進してまいります。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通情報

◆薄暮時間帯は要注意!◆
 これから年末にかけて、日没時刻が早まり、交通量が増加する時間帯と重なるため、交通事故が増加する傾向にあります。夕方出掛ける際は、明るく目立つ服装で、交通事故に気をつけてください!
【特殊詐欺被害防止に関するお願い】
 特殊詐欺被害をなくすためには、犯人からの電話に出ない!電話が鳴ったら留守番電話機能を活用しましょう。留守番電話機能始動までの呼び出しコール数が短いほど効果的です。
 特殊詐欺被害防止スローガン 《犯人の電話に出ないで被害ゼロ!》
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通情報

◆秋の全国交通安全運動実施中◆
 期間 平成29年9月21日(木)から30日(土)までの10日間
●交通死亡事故の発生について
 秋の全国交通安全運動が始まった昨日、乗用車とバイクが衝突する交通死亡事故が発生しました。また、本日も交通事故により、すでに2人の方が亡くなっています。警視庁では、「ライダーにプロテクター着用」「夕暮れの早めのライトオン」を強力に推進するとともに、指導取締りを強化しています。
 また、安全運動期間中は、各地で多くのイベントやキャンペーン等も予定されています。この期間にぜひ、ご家族と一緒に自分の行動を振り返ってみましょう。皆さん一人ひとりが事故にあわない、おこさないように、交通ルールは必ず守りましょう!
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故の発生について

◆交通死亡事故連続発生◆
 昨日、都内で自転車に乗っていた小学生の交通死亡事故が発生しました。
 都内では、4日間連続で交通死亡事故が発生しており、本日もすでに1人の方が亡くなられています。
 警視庁では、交通死亡事故の多発を受け、交通死亡事故緊急対策を実施し、特に、急増している二輪車事故に対する指導取締りを強化しています。
●新学期が始まってから子供の交通事故が続いています。大切なお子さんを交通事故から守るために、お子さんが普段利用している道を実際に一緒に歩き、お子さんの目線で「なぜ危ないのか」「どこを注意すればよいのか」を具体的に教えてあげましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故の発生について

◆交通事故に注意◆
 昨日、都内で小学生の交通死亡事故が発生しました。
 都内では、8月27日から昨日までの4日間で重大交通事故が連続発生し、5人の方が亡くなられています。
●ライダーの皆さんへ
 バイクが関与する重大交通事故が急増しています。バイクは車体が小さいため、相手からは実際よりも遠くにいるように見えたり、スピードが把握しづらくなることがあるので注意が必要です。万一の事故に備えて安全装備を確実に、ヘルメット・プロテクターは正しく着用しましょう。
●ドライバーの皆さんへ
 夏の疲れがたまっている状態で運転していませんか?一瞬の気の緩みが重大交通事故を招いてしまうことを忘れずに、今一度、気を引き締めてハンドルを握りましょう。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故の発生について

都内では、昨日、軽自動車とバイクの衝突事故が発生し、バイクの方が亡くなられています。
●ドライバーの皆さんへ
 交差点とその付近は最も事故が多い場所です。特に裏通りの交差点を進行する際は、十分に速度を落として、周囲の安全確認を徹底し、見落としがないようにしましょう。
【特殊詐欺被害防止に関するお願い】
 お父さんやお母さん、祖父母など、皆様の大切な家族を特殊詐欺被害から守るため、在宅中も留守番電話機能を活用しましょう(別居している場合は、活用するように必ず伝えてください)。留守番機能始動までの呼び出しコール数が短いほど効果的です。
★ 特殊詐欺被害防止スローガン 【犯人の電話に出ないで被害ゼロ!】
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故の発生について

8月7日現在、都内の交通事故死者数は94人で、昨年に比べ1人多くなっています。
●歩行者・自転車利用の皆さんへ
 歩行者の横断禁止場所横断や自転車利用者の信号無視を一因とする交通死亡事故が発生しています。「横断歩道まで行くのは面倒」「赤信号だけど、車がこないから渡ってしまおう」という気持ちで道路を横断したりしていませんか?「きちんと確認したつもり」「大丈夫だと思った」では事故は防げません!自分の身を守るためにも交通ルールは必ず守りましょう。
☆交通事故防止対策スローガン 「交通死亡事故連続減少 チャレンジロード140」
☆特殊詐欺被害防止スローガン 「犯人の 電話に出ないで 被害ゼロ!」
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故の発生について

◆交通事故に注意◆
 都内では、6月26日から7月3日までの間に、交通事故により9人の方が亡くなられています。
●自転車乗用中の交通死亡事故多発!!
 「一時停止」標識のあるところでは、一時停止をして、左右の安全確認をしましょう。自転車も車両の仲間です。ハンドルを握るときは、交通ルールを守り、交通事故を起こさないように努めなくてはいけません。体調が悪いときは、集中力や判断力が低下して、転倒や事故が起こりやすくなるので運転を控えましょう。 
 ◎自転車事故で亡くなった方の多くが頭部を損傷しています。交通事故による被害軽減のためにもヘルメットを着用しましょう。
 ※「飲酒運転させないTOKYOキャンペーン」実施中!(7月1日から7月7日まで)
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)

交通死亡事故連続発生について

◆交通死亡事故多発!!◆
 都内では、6月24日から昨日までの4日間で交通事故により7人の方が亡くなられました。また、本日も重傷事故が多発しており、すでに1人の方が亡くなられています。警視庁では交通死亡事故の多発を受け、交通死亡事故緊急対策を実施し、特に、自転車利用者に対する信号無視等の取締りや歩行者に対する指導警告を強化しています。
【問合せ先】交通総務課 03-3581-4321(内線50212)